がんばらない英会話

毎日、目についたネタを手当たり次第に。てゆーか、ほぼ闇雲(笑)。
<< D・キャラダインの死は事故? | main | F1、分裂の危機。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
三沢光晴、リングで死亡。


突然の訃報に絶句。 



【今日の記事】

「Japanese Pro Wrestling Legend Mitsuharu Misawa Dead at 46」(日本プロレス界の伝説・三沢光晴、46歳で死去)

ソース→http://bleacherreport.com/articles/198560-japanese-pro-wrestling-legend-misawa-dead-at-46



早速、海外のプロレス関連サイトにも「三沢死亡」の記事が駆け巡っています。


===本文===

Shocking news from the Japanese pro wrestling scene today. Legendary Puroresu star and former GHC Heavyweight Chmapion Mitsuharu Misawa died Saturday night in Japan at the age of 46.

→本日、日本プロレス界から衝撃のニュースが届いた。伝説的な”プロレス”のスターで、元GHCヘビー級王者である三沢光晴が日本時間の土曜夜、46歳で死亡した。


いきなりですが、「プロレス」がローマ字表記になっていますね。日本のプロレスは海外では独特の存在としてとらえられているのでしょう。


According to inital reports, Misawa was teaming with Go Shiozaki in a match against Bison Smith and Akitoshi Saito for the GHC tag team championships.

→各報道の第一陣によれば、三沢は潮崎豪とタッグを組みバイソン・スミス・斎藤彰俊組とGHCタッグ王座をかけて試合を行なっていた。


During the match, Misawa was was given what is being described as a "standard suplex." Misawa did not get up and apparently suffered a heart attack almost immediately after taking the move.

→試合中、三沢は報道で”通常のスープレックス”とされている技を受けた。三沢は起き上がれず、技をかけられた直後に心臓発作を起こした模様だ。


Other reports have said that Misawa landed on his head after taking a back suplex and was knocked unconscious. Either way, his heart apparently stopped in the ring.

→別の報道によれば、三沢は背面スープレックスを受けたあと頭部から落下して意識を失ったという。いずれにせよ、彼の心臓はリング上で停止したようだ。

【MEMO】knocked unconscious=打撃で気絶する/either way=どちらにせよ


ちなみに日本の報道によれば、三沢が受けた技は「バックドロップ(岩石落とし)」。相手の腰を背後から持ち上げてマットに後頭部から落とす技……などと書くとかなり危険な技に思えますが、プロレスの試合ではよく見られる一般的な技です。


Attempts to revive Misawa via CPR and AED were unsuccesful and Misawa was pronounced dead this morning at the hospital. Misawa would have celebrated his 47th birthday on June 18.

→CPR(心肺機能蘇生)およびAED(自動体外式除細動器)によって三沢を救命しようとしたが成功せず、今朝になり病院でその死亡が公表された。三沢は6月18日に47歳の誕生日を迎えるはずだった。


The crowd reportedly chanted "Misawa" while the medics were working on Misawa in the ring and the entire roster came out from the back and watched from ringside as all of this unfolded. It is believed that he may have passed away in the ring.

→報道によれば三沢がリング上で治療をうけているあいだ観衆から”ミサワ”コールが起き、控え室からはすべての出場選手が現れリングサイドから一部始終を見守っていたという。 

【MEMO】unfold=(事件が)起こる、展開する


いま出てきた「roaster」は野球の「登録メンバー」の意味でよく用いられる言葉ですが、ここでは「出場選手」ということでしょう。


Misawa is considered one of the greatest wrestlers in the history of Puroresu and was also the founder of Pro Wrestling NOAH.

→ミサワは”プロレス”史上もっとも偉大なレスラーのひとりに数えられ、またプロレスリング・ノアの創始者でもあった。


三沢はかつてジャイアント馬場率いる全日本プロレスで、2代目タイガーマスクとしてデビュー。その後マスクを脱いで、全日のスター選手として活躍後に社長にまで昇りつめたあと、馬場の死去にともなう団体分裂騒動のさなかにプロレスリング・ノアを立ちあげました。

どうあれ、猪木・馬場の両巨頭がリングを去ったあと、日本のプロレス界を牽引してきた第一人者であることに間違いはありません。


It was Misawa, after a disagreement with All Japan Pro Wrestling head Motoko Baba and consequently being removed as President of All Japan Pro Wrestling in May 2000, who formed Pro Wrestling NOAH along with Toshiaki Kawada, Masanobu Fuchi, Stan Hansen, and Manukea Mossman.  90 percent of All Japan's in ring talent roster also left the company to work for NOAH, giving Misawa's company a strong talent base for its debut.

→全日本プロレスの社長だった馬場元子との反目が元で2000年5月に全日本プロレスの社長を退いたあと、川田利明、渕正信、スタン・ハンセンらとともにプロレスリング・ノアを旗揚げしたのが三沢だった。全日から出場していた9割の有力選手たちもノアへと移籍し、三沢の団体はデビューのときからタレント揃いだった。


これにはちょっとした誤報が含まれてますね。 川田利明はノアの旗揚げには加わらず、全日に残留しました(その後離脱)。あと、ハンセンがノアの創設に関わったという事実はないはずです(2000年秋に引退)。

ちなみに馬場元子さんは故ジャイアント馬場の未亡人です。


NOAH is regarded as one of the best promotions in Japan and was named the best promotion in the world in 2004 and 2005 by The Wrestling Observer.

→ノアは日本における最高の興行団体のひとつと称され、2004年、2005年にはThe Wrestling Observer誌から世界のベスト興行にも挙げられた。


NOAH is not considered to be the top promotion in Japan, but it has at times out drawn rival New Japan, including on several occasions drawing a larger crowd to the celebrated Tokyo Dome venue than New Japan.

→ノアは日本トップの興行団体とは見なされていないが、ときにライバルである新日本プロレスよりも人気を集め、有名な東京ドーム興行におけるいくつかの試合では新日よりも多くの観衆を呼んだことがある。

【MEMO】outdraw=〜よりも人気がある、〜に先んじる


The promotion is also home to some of the finest in ring action in the world. The company frequently worked with Ring of Honor.

→同団体はまた、世界的にも優れたプロレス興行の一部が行なわれる主戦場でもある。同社はROH(Ring of Honor)ともしばしば提携してきた。


いま出てきたROHはアメリカ第3のプロレス団体だそうです。


The two exchanged talent on a regular basis with NOAH sending the likes of KENTA, Kenta Kobashi, and Misawa himself, to work for ROH in the United States.

→両団体は定期的に有力選手の交流を図っており、アメリカでのROH主催の試合にノアはKENTA、小橋健太、三沢本人などのメンバーを送り込んでいた。

【MEMO】on a regular basis=定期的に/the likes of~=〜といった面々


Misawa was still working a full-time schedule with the company and was GHC Heavyweight Champion as recently as last year before dropping the belt to former Ring of Honor World Champion Takeshi Morishima.

→三沢は同団体の試合にフル出場を続けており、ほんの去年まではGHCへビー級王者だったが、その後ROH世界王者の森嶋猛にベルトを譲った。

【MEMO】as recently as~=つい〜まで


そう、団体の経営者でありながら選手としてもフル出場をつづけてきた三沢の身体が蓄積疲労や怪我で満身創痍だったのはよく知られたところ。

結果としてそれが彼の寿命を縮めてしまったのかもしれません。


WWE developmental talent Kaval, who worked as Low-Ki for Pro Wrestling NOAH, had this to say on Misawa's passing:

→かつてプロレスリング・ノアの試合に「ロウキー」のリングネームで出場し、WWEで活躍し始めた有力選手Kavalは、三沢の死について以下のように述べている。


"He was the first person I saw after my first championship match in NOAH and he said something that meant so much to me, "good job.". It was an honor to be a part of his company. I just can't believe he's gone. I don't know what else to say. This is terrible. I feel terrible."

→「ノアでのはじめての王座決定戦のあと最初に対面したのが彼だったんだけど、彼は”グッド・ジョブ”と声をかけてくれてすごく心に響いた。彼の団体に所属できたことは名誉だ。彼が死んだなんて信じられない。言葉が出てこないよ。ひどいことだ。ひどい気分だよ」


Chris Hero, who is working an angle for Ring of Honor where he uses an elbow pad passed down to him from Misawa to use in the ring, is presently on tour with NOAH and was actually at the show where Misawa was injured.  He wrote the following on his MySpace account:


→わざわざミネソタから取り寄せたエルボー・パッドをリングで使用しROHに新風を巻き起こしているクリス・ヒーローは現在ノアのツアーに帯同しており、三沢が負傷した興行の場にも実際にいた。彼は自分のMySpaceに次のように書いている。


"The moments at ringside felt an eternity.  Never, in my life, have I wanted the fighting spirit to jump into someone's being more than I wanted tonight.  The fans chanted Misawa, Misawa, Misawa.


→「リングサイドで見守っていた時間は、永遠に感じた。自分の人生のなかで、今日ほど誰かの命にファイティングスピリットが宿って欲しいと願ったことはなかった。ファンたちは”ミサワ、ミサワ、ミサワ”とコールしていた……」


They wanted their Hero to get up so fucking bad.  Just get up.  Come on!  You're too tough for this.  Too strong.  I grabbed his boots and held onto them til they took him away."

→「彼らは自分たちのヒーローが立ち上がって欲しいとひどく願っていた。立ち上がれ、頼む! お前はこんなことに負ける奴じゃない。もっと強いだろ。俺は彼のブーツを手にとり、彼が運び出されるまでそれにずっとしがみついていた」


The death of Misawa is devastating for NOAH, Puroresu fans and wrestlers alike. I send my condolences to the family and friends of Mitsuharu Misawa.

→三沢の死はノア、プロレスファン、プロレスラーそれぞれにとって大打撃だ。三沢光晴のご家族や友人に哀悼の意を表したい。


Here is a legendary match between Misawa and Kenta Kobashi:

→以下は三沢と小橋健太の伝説的な試合である。

===本文おわり===

で、当該ソースにはこのあと、GHCヘビー級選手権試合を戦う三沢光晴と小橋健太のYouTube動画にリンクが張られています。


個人的には猪木の新日と馬場の全日が覇権を争っていた少年時代に、熱心にプロレスを観戦していました。 特に古館伊知郎が実況を担当していた新日本プロレスが好きでしたが、一方で全日に突如現れた2代目タイガーマスクのこともよく覚えています。

近年はファンとはほど遠い状態でしたが、それでも深夜に放映していたノアの試合をたまに観ては、現在の格闘技界の主役である総合格闘技にはない泥臭さやショーマンシップに改めて感心したりしていました。

今年からは地上波での深夜放映も消えてしまい、それでなくともプロレスの人気長期低落傾向に歯止めがかからないいま、日本プロレス界の顔である三沢の早すぎる死に元プロレスファンとしてひどくショックを受けています。

合掌。



JUGEMテーマ:スポーツ
| むっしゅ | 英会話 | 17:54 | comments(4) | trackbacks(92) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:54 | - | - |
むっしゅさん、改めて解説ありがとうございました。

移管作業が8割方済んで、ちょっと余裕が出来ましたので、お邪魔します。


>「a family」は特定の「一族」ではなくて(そうであれば「the」になるはずです)、一般的な「家族」のことです。

あっ素直に考えればよかったんですね。モン“族”にこだわりすぎました。


>これから成長する登場人物の姿が「a certain way(ある状態)」=「成長前の姿」であるべきだ……という意味で書かれています。

よーくわかりました!
主人公が変わって行く経緯を見せるために、差別的なセリフの数々は必要ということですね。
少し、回りくどいぞ、イーストウッド!(笑)

「political (in)correctness」の表現もとてもわかりやすいです。ありがとうございました。


(続きます)
| しずま | 2009/06/18 3:38 AM |

では、本日の質問です。

CNN: I understand Nick [Schenk] was the original screenplay writer. Boy, did he get a grand slam, getting Clint Eastwood to sign onto his project.

CNN: 私は、ニック・シェンクがオリジナルの映画脚本家だと聞いています。
クリント・イーストウッドに自分の企画にサインさせるなんて、いやはや、彼はグランドスラムを達成しましたね。


ここは訳自体は無問題なのですが、「グランドスラム」って、野球の満塁ホームランの他に、テニスやゴルフの「〇大大会・制覇」の意味もありますよね。ここは素直に満塁ホームランでOKですかね。


続くイーストウッドの答えですが・・・、


Eastwood: Well, it was interesting because he had a hard time getting it to us for some reason. Anyway, they did and finally they got it to Rob Lorenz, who's my associate. And he read it and said, "Well, it's kind of interesting. You might find this character interesting."


イーストウッド:
そうだね。我々に脚本を届けるために彼はある理由で苦労したのだが、それが面白かったんだよ。
とにかく、脚本は送られ、最終的に私の相棒のロブ・ローレンツに届いたんだ。
彼はそれを読んで、「いやあ、ちょっと面白いよ。君ならこの主人公が面白いのがわかってくれるだろ」と言った。


He says, "He's got a lot of -- he's kind of a racist -- he's a little bit of a lot of things." I said, "Well, it sounds interesting, I'll read it."


「主人公にはいろいろあってね…彼はどちらかといえば人種差別主義者で…彼はいろんなことにちょっと・・・」と、彼が言うんだ。 「ふ〜ん、面白そうじゃん。読んでみるよ」と、私は言った。


You know, he said the same thing you're saying. He said, "It's not exactly politically correct." I said, "Perfect. Let me read it. I'll read it tonight."

もちろん、彼はあなたと同じことを言った。「政治的に正しいとは決して言えないけどね」とね。
私は「そりゃ最高だね。読ませてくれよ。今夜読んでみるから」と言ったよ。


大体、大意はわかるのですが、イーストウッドとロブ・ローレンツのコメント部がしっくり来ません。
特に2パラグラフ目のローレンツの言葉は、イーストウッドに気をつかってか、主人公の特徴をはっきり言えずに何かモジモジした言い回しが感じられるのですが、違うのかな?


本日は以上です。よろしくお願いします。
| しずま | 2009/06/18 3:39 AM |
エントリー記事について余談ですが、


>個人的には猪木の新日と馬場の全日が覇権を争っていた少年時代に、熱心にプロレスを観戦していました。 特に古館伊知郎が実況を担当していた新日本プロレスが好きでしたが、一方で全日に突如現れた2代目タイガーマスクのこともよく覚えています。

私と似てますねぇ〜同じ年代かも(笑)。

私は初代タイガーやハンセン・ブロディの熱烈ファンでした。
ただ、初代タイガーが揉め事で新日を離れてから、少しずつプロレスは観なくなっちゃって、興味が映画やイーストウッドに移り、今に至る次第です。

ただ、三沢や、高田延彦、大仁田とか、付き人やリングの設営をしてる下積み時代のショボい姿を(地方巡業で)直に観てたせいか、現在の出世して有名になった姿を見ても何かピンと来ないんですよねぇ・・・。

合掌。
| しずま | 2009/06/18 3:40 AM |
しずまさま

移管作業、お疲れ様です!

早速ですが、以下ご質問に対する回答です。


その1。

CNN: I understand Nick [Schenk] was the original screenplay writer. Boy, did he get a grand slam, getting Clint Eastwood to sign onto his project.

→CNN:今回の脚本はニック(・シェンク)が書き下ろしたものなんですよね。いやはや、いりなりの満塁ホームランですよね。クリント・イーストウッドを自分の企画に引っ張りこめたなんて。


ここは、もともとテレビ俳優として知られていたシェンクが(脚本家としてさほど目立った実績あったわけでもないのに)いきなりイーストウッド主演・監督作品の脚本を務めたことに対する驚きを「grand slamだ」と言っているので、「満塁ホームラン」のほうがしっくりくると思います。

そこ以外はしずま訳のままで問題ないと思いますが、そうした驚きのニュアンスを生かしてぼくなりにもうすこし全体を意訳してみました。


その2。

Eastwood: Well, it was interesting because he had a hard time getting it to us for some reason. Anyway, they did and finally they got it to Rob Lorenz, who's my associate. And he read it and said, "Well, it's kind of interesting. You might find this character interesting."

→イーストウッド:えーっと、それについては面白い話があったよ。諸事情があって、彼は脚本をわれわれのもとに届けるのに苦労したんだ。ともあれ彼らはなんとかそれを私の仲間であるロブ・ローレンツに届けた。それを読んだ彼はこう言ったよ。「まあ、けっこう面白いよ。主人公のことを面白いと感じるんじゃないかな」


He says, "He's got a lot of -- he's kind of a racist -- he's a little bit of a lot of things." I said, "Well, it sounds interesting, I'll read it."

→彼いわく「彼はなんていうか……いわゆる人種差別主義者なんだけど……ちょっとした曲者なんだよ」。そこで私はこう答えた。「なんか面白そうだな。読んでみるよ」


You know, he said the same thing you're saying. He said, "It's not exactly politically correct." I said, "Perfect. Let me read it. I'll read it tonight."

→つまり、彼は君が言っていることと同じことを私に言ったんだ。彼が「政治的にはあんまり正しくないんだけどね」と言ったから、私は「そいつはいい。読ませてくれよ。今夜読むから」と答えたよ。


このやりとりにおけるローレンツは、もじもじしているというより明らかにイーストウッドが興味を持つと確信してニヤニヤ話をしている感じだと思います。

途中の「bit of a lot of things」のあたりで言い淀んでいるのは、説明しづらいキャラクターであることをニュアンスで伝えたかったからでしょう。

ちなみに、「lot of things」は字義どおりには「いろいろなものを持っている」ということになるのでしょうが、文脈上「一筋縄ではいかない→曲者である」と意訳しておきました。

それから「It's not exactly politically correct.」は部分否定なので、「決して」ではなく「必ずしも正しくない」です。


ご質問への回答は以上ですが……


>私は初代タイガーやハンセン・ブロディの熱烈ファンでした。


同世代でしょうねえ(笑)

初代タイガーとダイナマイト・キッドの戦いは、いまでもプロレスの個人的なベストバウトです。

その後、ぼくも関心はスピルバーグに移っちゃいましたが(笑)
| むっしゅ | 2009/06/23 5:27 PM |









http://ganbaranai.jugem.jp/trackback/641
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/06/14 6:24 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/06/14 8:49 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/06/14 9:45 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/06/14 9:57 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/06/15 1:10 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/06/15 2:29 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/06/15 2:38 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/06/15 6:45 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/06/16 2:18 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/06/16 4:17 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/06/17 5:43 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/06/17 12:28 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/06/19 10:52 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/06/19 8:29 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/06/19 10:04 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/06/25 3:21 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/06/26 12:00 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/06/27 4:53 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/07/01 5:45 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/07/05 1:48 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/07/07 4:47 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/07/09 11:38 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/07/10 1:30 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/07/12 4:44 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/07/12 4:56 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/07/13 1:24 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/07/21 4:55 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/07 2:45 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/10 6:23 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/15 5:48 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/15 10:57 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/15 10:57 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/15 10:57 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/15 10:57 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/15 10:57 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/15 10:57 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/15 10:57 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/15 10:58 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/15 10:58 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/16 10:53 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/16 10:53 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/16 3:28 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/16 3:29 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/16 10:07 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/16 10:22 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/17 1:46 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/17 5:18 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/17 9:06 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/23 12:35 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/23 1:42 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/23 3:39 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/23 4:21 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/24 1:50 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/24 4:10 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/25 6:07 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/25 10:37 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/26 3:14 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/27 5:19 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/28 3:17 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/28 4:04 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/28 7:32 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/29 5:50 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/30 11:13 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/30 5:22 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/30 6:10 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/01 11:52 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/02 10:57 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/02 1:38 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/03 7:09 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/04 4:57 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/05 12:31 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/05 9:47 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/06 11:15 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/06 8:19 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/07 9:39 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/07 9:43 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/08 1:01 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/08 4:15 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/08 6:03 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/08 9:36 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/11 1:05 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/14 10:16 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/14 12:09 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/14 7:34 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/15 6:04 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/17 11:11 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/17 2:09 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/20 7:29 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/21 7:37 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/21 10:32 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/22 5:07 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/22 7:19 PM |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ブログパーツUL5

このページの先頭へ