がんばらない英会話

毎日、目についたネタを手当たり次第に。てゆーか、ほぼ闇雲(笑)。
<< ユダヤ人団体、田原総一郎に抗議。 | main | AIG幹部は自殺すべき? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
松坂、キューバを撃破。



くそう、つい徹夜明けにそのまま見ちゃったせいで、いま極度に眠いぜ。



【今日の記事】

「Matsuzaka Sends Cuba Into Unfamiliar Territory」(松坂、キューバを馴染みのない領域へと追いやる)

ソース→http://www.nytimes.com/2009/03/16/sports/baseball/16sandiego.html?ref=baseball



すいぶんと回りくどいタイトルですが、要は「勝った!」ということです(笑)

いやー、徹夜した甲斐があった。眠いけど。


===本文===

The last time Cuba’s powerhouse baseball team lost before the final in a major international tournament, in 1959, Fidel Castro had spent less than seven months as his nation’s prime minister. In the 50 years since, the team through which Castro ― a former top pitcher himself ― has vicariously lived has reached the final of 50 straight tournaments and won a staggering 43 of them.

→強豪キューバの野球チームがメジャーな国際トーナメントにおいて決勝戦を迎える前に最後に負けたのは、フィデル・カストロが母国の国家元首になってまだ7ヶ月にも満たない1959年のことだった。その後の50年間、自身も元トップ投手だったカストロが自己投影してきた同チームはこれまで50回連続で決勝に進出し、43勝という輝かしい結果を残してきた。

【MEMO】powerhouse=最強チーム、強豪/vicarious=(見たり、読んだりして)他人に代わって経験された/staggering=驚くべき、圧倒的な


More than 18,000 days have passed since the Cuban baseball team felt the ignominy of being unable to play for a major championship. It might be less than one before they do so again.

→キューバの野球チームがメジャーな国際大会の決勝を戦えないという屈辱を受けてから、1万8000日以上が経った。彼らがまた同じ目に遭うのに、あと1日もかからないかもしれない。

【MEMO】ignominy=不名誉、屈辱


Cuba lost to Japan and its ace, Daisuke Matsuzaka, 6-0, on Sunday afternoon in San Diego, endangering its prospects of surviving the second round of the World Baseball Classic only nine innings after it started.

→キューバは日曜午後のサンディエゴにおいて日本とそのエースである松坂大輔に6−0で負けを喫し、試合開始からわずか9イニング後の時点でワールド・ベースボール・クラシックでの決勝進出が早くも怪しくなった。


To keep its string alive, Cuba must win Monday against the loser of Sunday night’s South Korea-Mexico game, and then win on Wednesday, possibly against Japan again.

→決勝進出の望みをつなぐためにキューバは、日曜夜の韓国対メキシコ戦の敗者に月曜に勝ち、さらに水曜におそらくまた当たるであろう日本に対しても勝たなければならない。

【MEMO】string=一連のもの


で、キューバの相手はメキシコに決まりましたね。

……ん、水曜に再び日本と? これは、次で日本が韓国に負けるという意味か? 

ちょっと待てい(笑)


Japan can relax until it plays the South Korea-Mexico winner on Tuesday, when it will probably start the young star Yu Darvish. That game’s winner automatically earns a berth in the semifinals beginning Saturday in Los Angeles.

→これで日本は韓国対メキシコ戦の勝者と火曜に当たるまで安心だが、そこではおそらく若きスターのダルビッシュ有が先発するだろう。その試合の勝者が、土曜からロサンゼルスで始まる準決勝に自動的に進む。

【MEMO】berth=(スポーツ大会における)状況、ポジション


いま出てきた「berth」はここではスポーツ大会における「ポジション」くらいの意味ですが、もともとは波止場の「停泊位置」や船や列車の「寝台」を指す言葉です。


“Today, we were beaten by better pitching ― there was no question we were not in our top form,” Cuba’s manager, Higinio Vélez, said through an interpreter. Asked by the Cuban news media how his nation’s fans at home should feel, he said, “They should have every faith that these guys can come back.”

→「今日は、うちより出来がよかった相手投手に負けた。我々がいい調子でなかったのは間違いない」と、キューバの監督イギニオ・ベレスは通訳を通じて述べた。キューバの報道メディアから母国のファンは故郷でどう思うべきかと聞かれ、彼は言った。「われわれの選手たちの調子がきっと戻ると固く信じることだ」


Matsuzaka dominated in a rematch of the 2006 Classic final. He has since joined the Boston Red Sox and won a World Series, and he posted an 18-3 record last season despite leading the American League in walks.

→松坂は2006年のWBC決勝の再現を制した。その後ボストン・レッドソックスに加入してワールドシリーズにも勝った彼は昨シーズン18勝3敗の成績を残したが、アメリカン・リーグにおける最多与四球も記録している。

【MEMO】post a record=記録する


But Matsuzaka was strikingly efficient against the Cuban hitters, throwing far more strikes ― particularly early in the count ― than he typically does for Boston. (Matsuzaka led the major leagues by walking 13.1 percent of hitters he faced last season.) Those Cuban batters were less jumpy than just plain ineffective against Matsuzaka’s legendarily varied repertory. He retired the side in order in three of his six shutout innings and had eight strikeouts with no walks.

→しかし、普段ボストンで投げるより(特にカウントの早い段階において)はるかに多くのストライクを決めたこの日の松坂は、キューバの打者たちに対して驚くほど効率がよかった(昨シーズン、松坂の与四球率13.1%はメジャー全体で1位だった)。キューバの打者たちは松坂の伝説的なまでの球種の多さに神経質になっているというより、とにかくいかにも効率が悪かった。彼は零封した6イニング中3イニングを3人で打ちとり、無四球で8個の三振を奪った。

【MEMO】jumpy=神経過敏な、いらいらしている/retire the side=(野球の)攻撃を終了する


いちいち、松坂の不名誉な記録を書かないで欲しいのだが(笑)


ちなみに、あとの方にでてくる「plain」は形容詞の場合は「明白な」「平易な」といった意味合いで使われることが多いですが、いま出てきたように形容詞(ここでは「ineffective」)の頭について形容動詞的に用いられるときは、その(悪い意味の)形容詞を強調する言い方になります。


It was probably the best pitching performance against the Cubans since the United States’ Ben Sheets defeated them, 4-0, in the gold medal game of the 2000 Olympics. It delighted a good portion of the crowd of 20,179 fans at Petco Park.

→おそらく、2000年の金メダルを決めるオリンピックの決勝戦でアメリカのベン・シーツが彼らを破って以来、キューバに対する投手として最高のパフォーマンスを見せた。そのため、ペトコ・パークに集まった2万179人のファンの多くは大喜びした。


“I knew Cuba was a good team, but particularly there was nothing I was too worried about,” Matsuzaka, who gave up only five singles and threw 61 of his 86 pitches for strikes, said through an interpreter. Referring to serving as his nation’s ace rather than that of the Red Sox, he said: “I want to be on behalf of Japan. I want to be the pitcher.”

→「キューバがいいチームであることはわかっていたが、特に心配していることはなかった」と、相手に5本の単打しか許さず投じた86球のうち61球がストライクだった松坂は通訳を通じて語った。レッドソックスではなく日本代表のエースとして闘うことについて、彼はこう述べた。「日本の代表でありたいし、日本代表のピッチャーでありたい」


Just as they did in their 10-6 gold medal victory in 2006, when Ichiro Suzuki’s first-inning double was their only extra-base hit, the Japanese hitters vexed Cuba with small ball. Four singles and a sacrifice fly scored three runs in the third inning, knocking the hard-throwing Cuban phenom Aroldis Chapman from the game. One run in the fourth, fifth and ninth gradually sounded like nails pounding into what could become Cuba’s coffin.

→2006年に10−6で優勝を飾ったときにもイチローが初回に放った2塁打が唯一の長打だったが、今回も日本の打者はキューバを”スモールボール”で苦しめた。3回には4本の単打と1本の犠打で3点を稼ぎ、豪速球を投げるキューバの神童アロルディス・チャップマンを降板に追い込んだ。4回、5回、9回にも1点ずつ加え、それは徐々にキューバが収まるべき棺桶に打ちつけられる釘の音のようにも聞こえた。

【MEMO】extra-base hit=長打/vex=いらつかせる/phenom=天才/pound a nail into~=〜に釘を打ちつける


なんか、急に詩的な文章登場。日本のスポーツ記事ではなかなかお目にかからない表現ですね。


ちなみに、いま出てきた「small ball」は聞き慣れない言葉ですが、たとえばウィキペディア(http://en.wikipedia.org/wiki/Small_Ball)ではこう説明されています。


『In the sport of baseball, small-ball is an informal and colloquial term for an offensive strategy in which the batting team emphasizes placing runners on base and then advancing them into position to score a run in a deliberate, methodical way.(野球において、「small ball」は打撃陣が塁に出た走者に重きを置き意図的で綿密な方法で得点圏まで進めようとする攻撃戦略を指すくだけた口語である』


つまり、足や犠牲バント等を駆使する日本が得意とする戦略(というか戦術)のことでしょう。

適当な訳語が見つからなかったので、とりあえずそのまま「スモールボール」にしておきました。


It is by no means closed. But Cuba appeared increasingly unnerved as Japan’s lead mounted. Cuba is not known for throwing wild pitches (two), grounding into double plays (two) and striking out looking (five). Although the Cubans committed no errors, it was a lethargic and sloppy loss for a team known more for having steamrolled others.

→けして蓋が閉じられたわけではない。しかし、日本のリードが広がるにつれキューバは次第に狼狽し始めたようだった。キューバはワイルドピッチ(2個)にも、併殺ゴロ(2本)にも、見逃し三振(5個)にも本来無縁だ。キューバはエラーを犯さなかったものの、相手チームを圧倒してきたことで有名なチームにしては無気力で粗雑な負け方だった。

【MEMO】by no means=決して〜ではない/unnerved=狼狽した/lethargic=無気力な、昏睡状態の/sloppy=ぞんざいな、粗雑な/steamroll=〜に圧勝する


“The bottom line is we couldn’t get to Matsuzaka,” Vélez said.

→「結局、われわれは松坂に対処できなかったといことだ」とベレスは言う。

【MEMO】get to~=〜に対処する


The game began as an enticing matchup between Matsuzaka, the veteran, and Chapman, the young left-hander who threw a pitch clocked at 100 miles per hour during the Classic’s first round in Mexico City. Matsuzaka made clear that it was he who won the gold medal W.B.C. game on the same mound three years before, when Chapman was 18.

→試合はベテランの松坂と、メキシコシティで行なわれたWBCの1次ラウンドで時速100マイル(約161キロ)を記録した速球を持つ若き左腕チャップマンとの魅力的な対決から始まった。松坂は、チャップマンが18歳だった3年前に同じマウンドでのWBCの試合で優勝した本人であることを見せつけた。

【MEMO】enticing=魅力的な/matchup=対戦、対決


Chapman worked behind and into full counts against too many hitters. After two precarious innings, he finally threw some strikes in the third, but three of them were hit for singles before he was removed. All three runs scored after Norberto González relieved him and promptly threw a wild pitch that brought home Akinori Iwamura, yielded a two-strike, soft run-scoring single to Norichika Aoki and then a sacrifice fly. Not exactly power ball, but good for a 3-0 lead for Japan.

→チャップマンはカウントが悪く、あまりに多くの打者をフルカウントにしてしまった。不安定な2イニングを投げ終えたあと3回に入ってようやくストライクが決まりだすが、そのうちの3つを単打にされてしまい彼は降板した。彼を救援したノルベルト・ゴンザレスがいきなりワイルドピッチをしたために岩村明憲が帰還し、2ストライクのあと青木宣親がふわりとしたタイムリーを打ったあと、さらに犠打がつづいて3点が入った。力の野球ではないかもしれないが、日本にとって3−0にできたのは好結果だった。

【MEMO】precarious=不安定な/run-scoring=タイムリー


「power ball」。とりあえず「力の野球」と訳してしまいましたが、前出の「small ball」の対義語であるのは間違いないですね。

こちらは、長打に頼るメジャー的な攻撃戦術のことでしょう。


Cuba has not been in this shaky a situation in years, maybe decades. In the 2006 Classic, Cuba lost one game in each of the first two rounds but never had to win two straight games to advance. The Cubans breezed through the first round this year in Mexico City, going 3-0.

→キューバは何年にも、いや何十年にもわたってこうした不安定な状況に置かれたことはなかった。2006年のWBCでは1次、2次ラウンドでそれぞれ1試合ずつ落としているが、勝ち残るために2連勝しなければならないということはなかった。メキシコシティでの今年の1次ラウンドでキューバは、3勝を挙げて楽に通過している。

【MEMO】breeze through~=〜を楽に抜ける、簡単に切り抜ける


The last major international tournament in which Cuba entered but did not reach the final was the 1959 Pan American Games in Chicago. The Cubans next won the old Amateur World Series in April 1961 and have dominated since as a mysterious but undeniable power.

→キューバが参加して決勝に進出できなかった最後のメジャーな国際大会は、1959年にシカゴで行なわれたパンアメリカン・ゲームズだ。キューバはその次に行なわれた1961年4月の旧アマチュア・ワールドシリーズで勝利し、それ以後ミステリアスだが非の打ちどろこのない勢力として世界を席巻してきた。


At the Classic three years ago, Vélez said that his team of relative unknowns was “made of men and not names.” Either way, those players must win on Monday ― and Wednesday ― or go home as Cuba’s most disappointing team in half a century.

→3年前のWBCでベレスは、無名選手で構成されたチームについて「名前ではなく人間でつくられている」と述べた。いずれにせよ、その選手たちは月曜(そして水曜)に勝たねばならない。さもなくば、キューバはここ半世紀のあいだで最も期待はずれのチームとして故郷に帰らねばならないのだ。

【MEMO】relative unknown=よく知られていないひと

===本文おわり===


最後も筆者は詩的に書いてるつもりなんでしょうが……なんか辛辣にしか聞こえない(笑)

ただこうしてキューバの実績を改めて眺めてみると、日本の勝利の重みと嬉しさがますます増しますね。

あとは俺の睡魔も倍増中。もし負けてたら悔しくて眠れなかったかもしれないけど、そんな心配が無用なのもまた嬉しい(笑)


早く寝よ。



JUGEMテーマ:スポーツ
| むっしゅ | 英会話 | 02:11 | comments(0) | trackbacks(36) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 02:11 | - | - |









http://ganbaranai.jugem.jp/trackback/613
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/17 2:27 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/17 4:29 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/17 11:40 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/17 12:51 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/17 4:35 PM |
松坂大輔
この日の松坂の制球力は普段以上 確かにキューバ戦の松坂投手のピッチングは見事だった。 でも普段は、日本のエースというわりに、 安定感がなくて、見ていておっかないところがある。 あのピッチングができすぎといわれないくらいの安定した試合をレギュラーシーズン
| 注目!最新スーパーニュース | 2009/03/17 7:52 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/17 9:48 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/18 3:09 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/18 3:18 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/18 8:16 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/18 1:09 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/19 7:56 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/20 6:15 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/20 6:35 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/21 4:49 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/21 6:44 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/21 9:56 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/21 11:30 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/22 7:22 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/23 1:57 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/23 10:57 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/23 11:10 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/24 3:42 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/24 4:08 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/24 4:09 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/24 8:14 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/24 10:01 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/25 4:42 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/25 6:04 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/25 6:33 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/25 6:36 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/25 5:18 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/26 10:32 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/28 5:14 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/28 6:00 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/04/02 1:35 PM |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ブログパーツUL5

このページの先頭へ